ピラティスのプロフェッショナルとして生計を立てていこうとお考えの方にとって、 どこで資格を取るかという問題は非常に重要です。

多くの方が大都市まで出向き、たくさんの時間とコストをかけて資格を取得されています。 その負担が大きく、資格取得をあきらめた方も多いのではないでしょうか。

「ピラティスと生きる」をテーマに設立された当協会では、 ピラティス インストラクターを目指す方が、 日本全国どこの地域にお住いの方でも安心して質の高い指導を受けることができ、 また資格取得後も、時代の変化に対応できるワンランク上の指導者を輩出していくことを目指しています。

ピラティスの可能性

ピラティスの基礎をしっかり学ぶことで、様々なエクササイズへの応用が可能です。 例えば、ご自身のスタジオに新しいエクササイズを取り入れるときにも、ピラティスの知識が役立ちます。

例えば、バランスボールなどを組み合わせて、生徒さんの身体的特徴に合わせたエクササイズを提案することも可能です。

当協会では、ピラティスを基礎としたプラスアルファの指導方法についても、研究しています。 将来、ご自身で指導の幅を広げたい方は、ぜひご相談ください。

ピラティスのインストラクターになるためには

当協会のピラティスは、マットピラティスを基礎とした指導を行なっているため、 特別なマシンが必要なく、汎用性の高い質の高いレッスンが可能となります。

1. アドヴァンス ピラティス インストラクター(API)養成コース

マットピラティスの基礎と、ジョセフが作った初級レベルの23個のエクササイズをマスターし、 教える事が出来るようになるまでを目指します。

2. マスターオブピラティス アドミニストレーター(MPA)養成コース

スタジオオーナー様、サークルやスクールなどで有望な生徒を持ち、 自分のフィールドで指導者養成を行いたい方を対象に指導者養成のノウハウを教えています。