養成コース開催

栃木校、上田校にてピラティスインストラクター養成コースが近日開催します。

知識豊かで、熱心なトレーナーが、責任を持って学びをサポートします。

ご興味のある方、お問い合わせフォームか、各校ホームページよりお問い合わせ下さい。

養成コースについて

養成コースの日程はお申込み時に、打ち合わせをして決めるシステムです。

講習は、36時間で、ピラティスの歴史や、解剖学、エクササイズの詳細と、インストラクターとしてのスキルを習得していきます。

料金は税込みで、216000円です。

養成期間は、長すぎても、短すぎても、あまり好ましくなく、二ヶ月ぐらいで卒業試験を受けるように日程を決めるのが、おススメです。詳細はお問い合わせくださいね

後輩インストラクターの活躍に

私はピラティスインストラクターの人材育成を14年やっています。

そのため、私のトレーニングコースを卒業したインストラクターから、いろんな相談を受けることがあります。

先日は、あるインストラクターの方から「後輩がいつのまにかインストラクターになっていて、自分より高いレッスン料をもらっている」

という相談を受けました。

後輩が自分に連絡せずにインストラクターになっていて寂しい気持ち、自分よりも高い給料をもらっていてモヤモヤする気持ち、わかります。

 

しかし、そこでひがんだり、自信をなくしてはいけません。

ここが、踏ん張り時なのです。

負けていく人は、自分の気持ちを制御できずに消えていくのです。

 

他人のことは気にせずに、顧客のファンサービスに努め、宣伝に力を入れ、自分の個性を磨きましょう。

 

勢いのある後輩も、今の輝きが長く続くとは限りません。

 

競合ではなく、共存が大切なのです。

 

例えば、歌の世界でいうと、北島三郎のコンサートが、満席になったからといって、小林幸子のコンサートに人が入らなくなるというわけではありますまい。

サブちゃんはサブちゃん、さっちゃんはさっちゃんなのです。

 

もし、小林幸子のコンサートのチケットが売れなくなったら、小林幸子は、北島三郎を恨んだりせず、自分の歌や、衣装や宣伝に力を入れるでしょう。

 

インストラクターの世界も同じ事です。

 

あなたはあなた、後輩は後輩なのです。

 

2人のインストラクターで100人の顧客をチマチマ取り合ったりせずに、

2人で顧客を200人にすることを考えましょう。

 

あなたがピラティスをはじめた経緯や、目指すゴールは、後輩の方とは違うはずです。

 

自分で自分のゴールを見据え、それに向かって頑張りましょうね

 

 

 

 

2019年が半分終わりました

今日から七月。

今年も半分終わりましたね。

本年度、ピラティスソサエティ協会では、横浜、福岡、松本にて養成コースを開催しております。

学びを深めるために来られた方、副業として資格をされたかた、地域活性化のためにピラティス教室をひらきたいと資格取得を目指されたかた、

志望は様々ですが、

参加者の皆さんはそれぞれに学びをおさめ、合格していかれました。

卒業生の皆様、合格おめでとうございます。ますますのご活躍を期待しています。

 

 

 

インストラクター志望の方へ

はじめてインストラクターになりたいと志をもたれた方に、この協会の養成コースはピッタリです。それはコースの履修時間の半分がティーチング技術の習得にあてられていて、インストラクターとして教壇に立った時「生徒にわかりやすく、手際よく教える方法について」「一時間のレッスンを組み立てるプランの立て方」についてしっかりと学ぶことができるからです。

インストラクターというのは人一倍の努力がいる仕事でもありますが、人との出会いがあり、楽しみながらできる仕事のひとつでもあります。

働く時間を自分で調整することもできます。

自分の個性や創造性を生かすこともできます。

自由自在に羽ばたくためには、揺るぎのない基礎の習得が不可欠です。

各校の教師陣は、経験豊富で、とても親切で、熱意ある先生達ばかりです。

是非、門戸をたたいてみてください。

コアトレーニングとは

コアトレーニングとは、身体の中心である体幹部(胴体)を鍛える運動です。

 

体幹(身体の軸)を鍛えるとどんな良い効果が得られるのでしょうか?

それは、、

①姿勢が良くなる

②腹筋や背筋が引き締まり、美しくなる

③代謝が上がって、太りにくくなる

④バランス能力が向上する

⑤運動神経や俊敏性が良くなる

⑥血液や体液の循環が良くなり、むくみや冷え性を防止する

 

他にもたくさんメリットはありますが、代表的な例をいくつかをあげてみました。

20年ほど前に日本にヨガやピラティス等、本格的なマット運動が導入され、コアを鍛える重要性に注目が行くようになり、日本中のいたるところにコアのためのトレーニングが普及しました。

ほんの一昔前までコアを鍛える重要性も、そのやり方も誰も知らなかったのです。

しかし第一次大戦のころから、体幹に注目し、コアのためのユニークなエクササイズを開発し追求してきたJ・H・ピラティス。

今残っているピラティスのエクササイズには、創始者の息吹が今も大切に息づいています。

アドバンスピラティスメソッドは、この創始者の思いを大切に、なるべくオリジナルの形に準じたスタイルを継承しています。

どんなにエクササイズの研究が進み、フォームが時代とともに洗練されたとしても、ジョセフのオリジナルがベストだと判断したからです。

是非、アドバンスピラティスのスタジオでエクササイズを試してみてください。

続ければ続けるほどに、毎日は爽快な気分で満たされ、お腹や背中は引き締まり、身体は日々内側から新しく作られていきます。

ピラティスがあなたの可能性を大きく広げてくれるのです。

初会合を開催しました。

ピラティスソサエティ協会の初会合が、先月上旬、羽田空港にて行われました。

参加したのは、この協会のメソッドを活用し、全国でピラティスの人材育成に携わるマスタートレーナー。

「協会の方針の再確認」「将来への展望」「現場でおこりがちな問題」などついて忌憚ない意見の交換が行われ、非常に充実した会合になりました。